外国人実習生受入事業

外国人実習生受入のメリット

企業内活性化

実習生は技術習得を目的とした好奇心・意欲旺盛な青壮年ですので、一緒に働くことで社員の方々に良い刺激を与え、また社内が国際交流の場となり、活性化するケースが多く見られます。
その結果、より一層の生産性の向上、作業の効率化が推進されます。

国際貢献・技能支援

外国人実習制度の最大の目的は「発展途上国の人材育成」ですので、受け入れ自体が国際貢献となります。日本で3年間技術を学んだ実習生は、現場で学んだ知識と技術を母国に持ち帰り、国を支える優秀な人材となります。

国際化へのステップアップ

実習生は日本の技術・技能を学ぶだけでなく、日本の文化や日本語を学んで帰国しますので、人的交流を通じて海外進出の基礎の構築や人材のネットワークを築くことができます。
この機会を通じて、新たな海外進出への可能性も開けてきますので、企業における国際的な視野が広がります。

外国人実習生受入事業