外国人実習生受入事業

外国人実習生受入事業とは

APICOは、外国人実習制度のもと、外国人実習生を受入れている事業協同組合です。人材育成による国際貢献をお考えの経営者、人事担当者の皆様、お気軽にお問い合わせください。

外国人実習生受入事業の目的

外国人実習生受入事業とは、外国より青壮年労働者を、実習生として我が国に受入れ、日本の優れた「技術・技能・知識」の移転を図り、実習生帰国後に母国の経済発展を担う優秀な人材を育成することを目的とした制度(外国人実習制度)を支援する事業です。

実習生にとっては技能実習による帰国後の職業生活の改善向上や母国の産業・企業の発展に、受入企業にとっては、外国企業との関係強化、経営の国際化等に役立てていただけます。

外国人実習制度とは

外国人実習・技能実習制度とは日本の企業が海外の若者を外国人実習生として受け入れ、実務を通じて実習生の人材育成と日本の技術の母国への移転を図るという国際的貢献を目的とした、法務省入国管理局が実施している制度です。

実習生は、受入企業にて実習を受け、10ヶ月後の検定試験合格後、最長2年間の「技能実習」へと移行します。(全過程、最長3年間)

外国人実習生受入事業